介護予防対策型リフォーム

介護予防対策型リフォームとは

全ての人々が、それぞれのレベルで持っている身体機能を、それぞれの住宅での生活において自然なリハビリに繋がり、健康機能レベルを維持し、可能な限り増進させるための工夫を取り入れた住宅に改造することを目的として行う住宅リフォームです。

具体的には、住居の中に存在している段差をむやみに解消しないこと、今使っている身体機能を衰えさせるような行き過ぎたバリアフリー改造を行わないこと、などが挙げられます。

※設計者・施工業者の登録に関しましては、詳細が決まり次第お知らせいたします※